ゴーシェ病患者さんとご家族のための専門サイト ゴーシェテラス

TOPゴーシェ病についてライソゾーム病ってなんだろう?

ゴーシェ病について

ライソゾーム病ってなんだろう?

監修:東京慈恵会医科大学 小児科学講座 教授 井田博幸先生

ライソゾーム病は細胞内に過剰に物質がたまる病気

細胞内には膜で区切られた小部屋がいくつもあります。不要になった物質を分解する小部屋をライソゾームと言います。ライソゾームではさまざまな酵素が働いていますが、それらの酵素の働きが悪いと、本来酵素で分解される物質が細胞内に過剰にたまり、細胞の働きを障害します。それがライソゾーム病です。

ライソゾーム病の種類は60種類以上1)

ライソゾーム病は、酵素の数だけ存在し、現在60種類以上あります。ゴーシェ病、ファブリー病、ポンペ病、ムコ多糖症などがよく知られています。

ライソゾーム病の種類は50種類以上

厚生労働省難治性疾患等政策研究事業 ライソゾーム病(ファブリー病を含む)に関する調査研究班ホームページ より作表

ライソゾーム病の原因は「遺伝子の変異」

細胞内で、酵素の働きが悪くなるのは、遺伝子の変異が原因です。「遺伝子」はヒトをつくる様々なものの「設計図」にたとえられます。酵素に関する設計図が、なんらかの原因で変異をおこすと、酵素が正常な働きを失ったり、酵素自体が作られなくなったりします。

親から子へ遺伝子の変異が伝わる

遺伝子は染色体という入れ物に収められており、染色体には常染色体と性染色体があります。常染色体は22種類あり、1~22まで番号がついています。一方、性染色体は2種類あり、番号ではなく、X染色体とY染色体と呼ばれます。常染色体は男女ともに同じものを2本ずつ(22種類×2本)、全部で44本あり、性染色体は、女性はX染色体を2本、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っています。合計すると、遺伝子(設計図)の入った染色体の数は、常染色体44本と性染色体2本(女性はXX、男性はXY)の46本になります。

親から子へ遺伝子の変異が伝わる

東京女子医科大学 附属遺伝子医療センター 遺伝子についてサイトより作図

子は父親と母親から23種類の染色体をそれぞれ1本ずつ受け取り、染色体の数は親と同じ46本になります。この時、父親からX染色体を受け取るとその子は女性に、Y染色体を受け取るとその子は男性になります。

親から子へ遺伝子の変異が伝わる

東京女子医科大学 附属遺伝子医療センター 遺伝子についてサイトより作図

子は親から染色体に入った遺伝子を受け取ることで、親から子に、ヒトとしての特徴が受け継がれますし、遺伝子の変異も、親から子に受け継がれることになります。

遺伝子に変異があっても病気になる場合とならない場合がある

遺伝子(設計図)には優性遺伝するものと、劣性遺伝するものがあります。常染色体の2セットある遺伝子のどちらかに変異があると病気になるのが「優性遺伝」、常染色体の2セットある遺伝子の両方に変異がないと病気にならないのが「劣性遺伝」です。したがって、劣性遺伝では片方のみの遺伝子に変異があるのみでは、病気にはなりません。このような遺伝子の状態の方を保因者と呼びます。
 性染色体のX染色体に変異がある場合、男性では性染色体はXYですので、X染色体の遺伝子に変異があると、必ず病気になってしまいます。これに対し女性では性染色体はXXですので、変異がないX染色体により機能が補填されるため病気にはなりません(ファブリー病を除く)。

 ライソゾーム病には、常染色体劣性遺伝とX連鎖劣性遺伝の場合があります。遺伝形式は病気によってそれぞれ異なります。

※常染色体劣性遺伝の疾患:ゴーシェ病、ポンペ病、ムコ多糖症(Ⅱ型を除く)
※X連鎖劣性遺伝の疾患:ファブリー病*、ムコ多糖症Ⅱ型

*ファブリー病の遺伝形式はX連鎖劣性遺伝ですが、保因者であっても症状が現れた女性が多数報告されています2)。このような例を症候性ヘテロ接合体と呼びます。

難病に指定され医療費の補助が受けられる

 ライソゾーム病は非常にまれな病気で、その発症頻度は新生児7,700人に1人と言われています3)。治療が難しく、費用は高額であるため、指定難病、かつ小児慢性特定疾患に指定されており、国や地方自治体から医療費の補助(医療助成制度)が受けられます。
※ゴーシェ病は、33万人に1人の割合と言われています4)

文献
  • 1.難病情報センター(http://www.nanbyou.or.jp/entry/3661
  • 2.Kobayashi M, et al. J Inherit Metab Dis. 2008.
  • 3.Konstantin Mechler et.al. Orphanet J Rare Dis. 2015; 10:46
  • 4.Owada MY, et al. Journal of the Japan Pediatric Society. 2000; 104: 717-722